地球以外に知的生き物の位置付けは?また他の惑星に解決は出来るのか。

つい先日、地球から340光年先に離れた企業で、太陽が3個もある惑星が発見されたらしき。海外の電波望遠鏡をつぎ込みアリゾナユニバーシティの組が発見したのが一。今回は赤外線で惑星を発見したのだが、こういう惑星は大中小の3個の太陽が一緒に昇って沈む結果昼夜が変わるご時世といった、順番に昇って行くご時世があるらしき。これは貯まり、昼の温度が激しく暑くなり、夜はそこまで温度が下がらない様子が続いたり、毎日の中でずっと太陽が空における状態でまるっきり暗くならない様子が貫くのである。

今回は太陽が連星という2つの星が並ぶ状態で見つかったのですが、元来連星は重力の運動などで、宇宙にはじき飛ばされるか、どこからの星に衝突して消えてしまう例が多いのだが、今回の用件は物珍しい例だと想う。また地球以外にも太陽がある星はいくつも見つかっているが、今回みたいに3個もある星は初めての開発みたいなので素晴らしいレポートだと思いますね。

また宇宙には地球ものの星が100、太陽が1000あたり確認されていますが、依然として知的生き物の存在は発見されていません。仮に他の惑星に地球以外にも高度の熟知を有するアニマルが存在していたら、すでに地球に来ていますよね。また地球の今の手法では太陽一種の惑星に辿りつけても、太陽系外のその他の天体に近付くのはまさか不可能ので、他の星に行きチェックを行うのは我々が生きている間には難しいでしょう。仮に光速ワープ手法やソース燃料に変わる精力を探り当てる事が出来れば他の星までの到着スパンが更に少なくなるかもしれませんね。家飲み お酒

高級ハンバーガーの登場でグルメ市場は二極化に

今年の冬にLAからUMAMI BURGERという高級ハンバーガー店が日本に初上陸する。現在アメリカでは24店舗ある有名なハンバーガー店である。2010年のベストハンバーガーオブザイヤーでは、最も影響力のあるハンバーガーとして好評を得ている。

日本では数年前からこうした海外からの高級ハンバーガー店の営業をよく目にしているが、実際それほど流行っているのだろうか?こういう高級ハンバーガー店は日本に上陸しても、大抵都会にしか店舗は存在せず、地方に住んでいる人はわざわざハンバーガーを食べに都会にまで出ようとするのだろうか?。

実際に都会でもマクドナルドやモスバーガーなどの安価なハンバーガーを選ぶ人、ベアバーガーやカールスジュニアなどの高級ハンバーガーなどを選ぶ人の二極化が進んでいる。安くでそこそこ美味しいハンバーガーで十分と考える人もいれば、高くてもこだわりの食材を使ったハンバーガーを食べたいと言う人は多い。
また国内ではどのジャンルにも入らないご当地バーガーなどが存在する。有名なので長崎の佐世保バーガーなどがあり、地方ならではのハンバーガーも有名だ。

ハンバーガーに限らず、ポッキーンやチョコレートなど普段スーパーで売っていて誰でも知っている物が、百貨店などで高級ヴァージョンとして売られたりしていて、実際に売れているらしい。
どっちを選ぶかは個人の自由だが、本当に美味しいと言う物を食べて満足すれば、価格などはあまり関係ないのではと私は思う。電子書籍を無料で読めるサイト

コインランドリーの増加とその理由

街の中にコインランドリーのお店が増えているらしい。
最近のタワーマンションでは洗濯をする事が出来ても必ずしもベランダで乾かせるのではない。
なので大抵の場合は部屋干しをしているのだが、それだと部屋中がカビ臭くなってしまうのである。また大家族とかの場合はどうしても洗濯物の量が溜まってしまいがちになる。また雨が降ったりベランダが無い場合は部屋干しをしないといけない。それならばコインランドリーで家族分まとめて洗濯・乾燥した方が効率が良いのである。

また、最近の共働き世帯では20万円前後するドラム式の全自動洗濯乾燥機が人気で売れている。洗濯機があっても乾燥機がない場合は、部屋干しをしてしまうと雑菌が増えてカビ臭くなってしまうので乾燥機がついてるのが人気の理由らしい。コインランドリーも同じ理由という事で利用する人も増えている。

コインランドリー自体は3年前から数は増加していて、ここ10年で4000店舗は増えている。首都圏で今流行りのクリーング屋はオシャレな空間になっていて、クリーングが終了すればメールでスマホに通知が来るようになっている。これは洗濯が終了したのを忘れる人にとっては便利な機能だと思うが、洗濯物を紛失しないような対策も取ってくれたらと思う。

しかし海外では土地の広さもあってコインランドリー普及率は20%あるが、日本ではまだ5%程度でしかないのでこれからの将来、どんどん普及していくかもしれない。メルカリまとめっち!